まえちゃん便り(食と農産物にチャレンジ)

bahagia50.exblog.jp

農業に目覚め、最近はすっかり農業三昧な生活に。料理に旬の自家産野菜を使える喜びを味わってます(*^_^*)

畑便り(夏野菜の植え付けなど)

ここ数日、気温が急上昇して、すっかり初夏のように。

ゴールデンウイーク、ずっと農作業三昧の日々でした。
まず、稲を植える田んぼに有機肥料の発酵鶏糞散布。
これが結構重労働。
私が運搬車と呼ばれる農地内専用車を運転して、連れ合いが「発酵鶏糞」を散布。
2日間で約6反の田んぼに散布完了。
このあと、乗用トラクターで耕運して約1ヶ月間寝かせます。

そして私は夏野菜のとうもろこし、枝豆、スイカを畑へ定植。
とうもろこし&バジルa0026567_14215232.jpg
       枝豆
a0026567_14222552.jpg





苗の下に黄色く見えるもは、昨年米を脱穀した時に出たもみ殻。
これを苗や種まきした土の上に振りかけておくと、土の乾燥や強い雨から守る強い味方に。
さらに肥料にもなるエコなもの(^_^)v
ただ、これを蒔くと鳥がこの中に残っている米粒を拾いに来て、もみ殻を撒き散らし、さらには苗や種までつついてしまうというマイナス作用が起こります。
そこで色々聞いたり試した結果、我が家ではテグス(釣り糸・・・使い古し)を張り、それに適当に切ったテグスを結びつける方法で鳥の被害を防いでます。
a0026567_14453638.jpg

もやもやした物が写っているけど、決して心霊写真ではありませんのでご安心を(*^_^*)
この怪しいものはテグスで、これに鳥の羽があたると驚いてここに近づかなくなるという単純な仕組みでのです。
効果100%とまではいきませんが、かなりの効果があります。

また害虫(ハモグリバエ、アブラムシ、コナジラミ、アザミウマなど)の被害から守る捕虫シートを一工夫してペットボトルに巻きつけ虫退治。
極力農薬を使わない栽培を目指しているので、いろいろ挑戦中です!(^^)!
a0026567_14565571.jpg
a0026567_1457885.jpg







春野菜がすっかり大きくなって収穫の時期になりました。
玉ねぎa0026567_14243957.jpg
       空豆
a0026567_1424546.jpg






グリンピースa0026567_14271838.jpg
       スナップエンドウ
a0026567_1427351.jpg










     ジャガイモ(こちらの収穫は6月初旬頃に)
a0026567_1531383.jpgまた皆さんの元にお届けしますね。
by bahagia50 | 2010-05-06 15:06 | 田んぼ便り