まえちゃん便り(食と農産物にチャレンジ)

bahagia50.exblog.jp

農業に目覚め、最近はすっかり農業三昧な生活に。料理に旬の自家産野菜を使える喜びを味わってます(*^_^*)

カテゴリ:手作り( 78 )

クッキーとシフォン

土曜から日々お菓子作りやってます067.gif
土曜は娘のリクエストで孫達にクッキーを焼いて、送りました。
型抜きがご希望(笑)でアンパンマンやドラえもん、ミッキーなどのキャラクッキー。
a0026567_8284142.jpg



そして今朝は寄り合いのお茶菓子用にシフォン2台焼き上げ。
a0026567_8284775.jpg

これからクールダウンさせないと。

そして昨夜の晩御飯はブログ友達さんから頂いていたタイカレーを作りました。
缶詰のカレーに畑の野菜(キャベツ、レタス、大根)を入れて煮込んだだけなんですが、さすが本場物、ココナッツの風味とスパイシーなパンチのある辛さで、とっても美味しく頂きました。
バンコクのレストランで食べたタイカレーを思い出し、またタイへ行きたくなってしまいました006.gif
a0026567_828514.jpg





昨日は寒かったけど、スナップエンドウとグリンピースの霜よけ対策。
義弟の庭に生えている竹を取ってきて、豆達のそばに立てかけ、風と霜が直接当たらないように。
このままの状態で越年。暖かくなって成長を始めるとネットを張ります。
a0026567_8295525.jpg

a0026567_829599.jpg

by bahagia50 | 2012-12-10 08:44 | 手作り

唐辛子ガーランド

今日は午後から、天候急変057.gif
雷、強風、急な雨で自宅軟禁状態(ノ_・。)

そこでおうちでおとなしく手作業006.gif
畑で摘んできた唐辛子を使って、ガーランド作り。

まだ青い唐辛子もちらほら。
雨に遭って泥跳ねが心配な分だけ収穫。
a0026567_19315989.jpg


麻紐を使ってガーランド作り。
編み込む作業は簡単なんだけど、結構、力を入れて絞めていかないとずれてしまって042.gif
何とか2時間掛かって5本出来上がり。
クリスマスカラーにしてみましたo(*^▽^*)o~♪
a0026567_19355339.jpg



これをキッチンにぶら下げて乾燥。
そして、料理に使う予定です。

昨年までは、茎と共に収穫して軒先へぶら下げて乾かしていたのですが、今年は見た目も使い勝手も良いガーランドにチャレンジ066.gif
インテリアと実用を兼ねれたらと。

自宅にも畑にもまだかなりの唐辛子があります。
はてさて、何本のガーランドが出来上がることやら・・・・o(^-^)o

ガーランドに適さない唐辛子は自然農薬の材料に006.gif
by bahagia50 | 2012-11-13 19:49 | 手作り

赤シソで(*^^*)

今日も35度近くまで気温上昇007.gif
バテ気味な体に効く、赤シソジュースを作りました(赤シソは自家栽培したもの)
a0026567_16343312.jpg


a0026567_16351463.jpg

その絞りかすを再利用して「ゆかり」を作ってみました。
絞りかすに塩を振りよくもみ込み、出た汁を捨てます。
そして白梅酢をふりかけ、保存袋に入れて冷蔵庫で一晩お泊り。

a0026567_16352673.jpg

ざるに広げて天日乾燥。
残暑がこんな時には役立ちました058.gif

a0026567_1636423.jpg

水分が無くなって、カラカラになるまで干します(二日間ほど)

a0026567_1637543.jpg

フープロで細かくなるまで粉砕したら「ゆかり」の出来上がり。
おむすびにまぶしたり、ゆかりご飯にしたり。
てんぷらの衣にいれても001.gif
a0026567_16371033.jpg



田んぼでは赤とんぼの羽化の瞬間を見つけました。
近年には珍しく赤とんぼが大発生043.gif
a0026567_16375815.jpg

クモもせっせと網張り中。
a0026567_16382165.jpg

農薬を極力使用しない成果がだんだんと出てきたようです。
by bahagia50 | 2012-08-24 16:34 | 手作り
a0026567_7582751.jpg

数年前、私の誕生日に娘がプレゼントしてくれた、メッシュのパン焼き型003.gif
何度も挑戦したけど、上手く使いこなせなくて、焼き上がりはひどい状態でした。
昨日、この型を使ってパンを焼く事になり、今までの失敗を思い出しながら、焼いてみました。
やったぁ、大成功066.gif049.gif
娘に感謝です016.gif
by bahagia50 | 2012-06-07 07:58 | 手作り

春の味覚

毎年、この時期になると、いつも届けてくださる春の味覚「いかなご釘煮」
a0026567_15441214.jpg




その方のお母さんが毎年、旬のいかなごを使って手作りしてくださいます。
とても貴重な手作りの釘煮。
絶妙な味加減で、ご飯がどんどん進みます003.gif

お袋の味、今年も味わう事が出来ました053.gif

本当に感謝です。
by bahagia50 | 2012-03-29 15:46 | 手作り

塩麹で

地域コミュニティセンターの調理室で塩麹を使った料理講習会を行って来ました。

お友達のお知り合いの方、16人が参加して下さってにぎやかな講習に003.gif
a0026567_17321153.jpg



メニュー
☆鶏ハム(胸肉を塩麹に漬け込み、ラップで巻いて茹で、湯が完全に冷えるまで置き、切り分けます)
☆きのこの塩麹漬け(きのこ数種類をさっと茹で、塩麹を混ぜ、保存。
 今回はパスタと合えて、きのこパスタに。
☆れんこんとカボチャの塩麹風味(カボチャとレンコンを5mm幅にカットし、火が通るまで両面焼き、塩麹で合えます。
☆キャベツの塩麹スープ(ジャガイモ、人参、玉ねぎ、キャベツを炒め、ハム、コンソメ、塩麹を加えて蒸し煮。火が通って柔らかくなったら牛乳を加え、温めて完成。
☆ゴマとご飯の塩麹パン(ご飯、強力粉、ゴマ、塩麹を練りこんで焼いたパン
☆鶏皮の塩麹炒め(鶏ハムで残った皮を塩麹で味付け、炒め焼き。
a0026567_18373339.jpg







私はゴマパンが食事時間に間になわないかと冷や汗008.gif
a0026567_1848050.jpg



何とか、焼き上がり、出来立てほかほかを食べていただく事が出来て、ラッキー049.gif053.gif



そして、素晴しいお土産を頂きました。
a0026567_1743660.jpg

まだまだ、希少価値の竹の子です。
私にはとても買えない高級食材。
早速、米ぬかで茹でて、明日の晩御飯は竹の子ご飯に049.gif

この時期に走りの竹の子を味わえるとは、なんという幸せ。
本当に感謝です。
by bahagia50 | 2012-03-09 17:44 | 手作り

カボチャパンと苺大福

久しぶりにパンを焼きました。066.gif
塩麹とご飯、カボチャを練りこんだパンです。
時間が経っても、パサつかず、柔らかなま。
塩麹とご飯の相乗効果なのかわかりませんが001.gif

ただ、途中でホームベーカリーがストライキを起こしたり、オーブンレンジのドアが閉まらなくなるトラブルが発生007.gif
何とか、工夫して完成しました。
a0026567_13215629.jpg


そして今日は地域の農協女性部が集まっての昼食会。
お茶菓子用に「苺大福とうぐいす餅」を作って持参しました。
オーブンレンジを修理に出したため、蒸し器で作る事に。
想像していたよりは簡単に出来てホッ053.gif
a0026567_13315134.jpg

by bahagia50 | 2012-03-05 13:37 | 手作り

米麹、作りました

数日前から、米麹作りに挑戦してました(塩麹作るたびに米麹買うのはもったいなくて)

ネットで色々調べて、なるべく簡単に出来る方法を自分なりにMIXして、作ってみました。

一晩水に漬けた米をザルに上げ、時々上下を返して 2,3時間しっかり水切り。
a0026567_12544891.jpg
 

蒸し器で約30〜40分蒸して、芯が無くなり指でゆっくりつぶせるくらい硬めに蒸します。(ちょっと硬すぎたかも)
a0026567_13334430.jpg


蒸しあがった米を寿し桶などに移し、しゃもじで良く混ぜて、体温程に冷まし、種麹を1キロにつき2gほど、茶漉しなどで満遍なくふりかけ、更に良く混ぜます。
使用する容器などはすべて熱湯消毒して、雑菌が混じらないようにします)  
a0026567_1337460.jpg


a0026567_13373111.jpg



種麹を混ぜた米を、濡らした清潔な晒や布巾で包みザルにいれ、さらに清潔な湿らせた布巾で覆って、60度くらいのお湯を入れたペットボトルの上に置いて、蓋を少しずらして、30〜35度で約20時間ほど置きます。
a0026567_13405033.jpg

 
ペットボトルだけでは中々温度が上がらないので、蚊取り(本体のみ)を入れてみました。
a0026567_13434332.jpg



a0026567_13441739.jpg

約6時間後、一度取り出し、かき混ぜます。

更に6時間後もう一度かき混ぜます。

そのときにペットボトルのお湯を交換しました。

23時間後、米に麹菌が付いてきました。
a0026567_13462925.jpg


バットなど浅い入れ物に固く絞った晒を敷き、その上に麹菌がついた米を2〜3c厚さに広げ、包み、更に布巾で覆って、発泡スチロールの箱に戻します。
更に半日ほど置くと、ぽわぽわの手触りの米麹が出来上がりました。
a0026567_13465550.jpg


すぐに使わないときはジッップロックなどに小分けして冷凍しておきます。

そして、その出来た米麹で甘酒も作りました。
もち米500g、米麹(冷凍しておいたもの)500g。

もち米を炊飯器にいれ、5合の水加減、お粥モードで炊飯。
a0026567_13553670.jpg



炊き上がったら、電源を切り60度位に冷まし、冷凍していた麹をよくまぜる。
a0026567_95259.jpg



保温の電源をいれ、よくかき混ぜて55~60度を保つため、蓋はしないで、清潔な布巾を被せ、途中で何度かかき混ぜ、甘い香りがしてきたら完成(8~15時間位)
a0026567_13585864.jpg



完全に冷まし、冷蔵庫で保存、長く置く場合は冷凍で。
by bahagia50 | 2012-02-29 14:00 | 手作り