まえちゃん便り(食と農産物にチャレンジ)

bahagia50.exblog.jp

農業に目覚め、最近はすっかり農業三昧な生活に。料理に旬の自家産野菜を使える喜びを味わってます(*^_^*)

<   2011年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

沖縄料理 ぶーとんとん

先週初め、体調を崩して緊急入院となり、皆様にはご心配をお掛けしました。
また、お見舞いありがとうございます。
この場を借りて、お詫びとお礼申し上げます。

お陰さまで少しずつですが、体調もボチボチ回復傾向に066.gif

ここからは全くの偶然が重なった神秘な出来事が(それほど大したことでもないのですけど)072.gif
沖縄料理は「命薬」と言われるほど、健康に配慮した料理で有名なことは知っていたのですが・・・・

もう7年位前に久米島へ行く途中、訪れた沖縄でしたが、その時食べた沖縄料理の味が忘れられず、
以前、香川町に沖縄楽園という沖縄料理専門店があり、時々足を運んでいましたが、いつの間にか閉店となり、がっかりしていました。

そして数ヶ月前、偶然通りかかった場所に「沖縄そば」という赤い幟、発見。
ず~~っと気になっていたのですが、中々入るチャンスに恵まれず002.gif
ネットでちょこっと調べてみると、ユニークなオーナーさんがいらっしゃるとか。
これは百聞は一見にしかずで、連れ合いとお邪魔しました。

注文した品は「沖縄そば」「あーさーそば」「ぶーとんとんそば」「パパイヤイリチー」「ジーマミー豆腐」「もずく酢」「マーミーナチャンプル」「オリオンビール」
勿論これを一度に食べるのは不可能なので、2日に分けてお邪魔虫。

写真を撮る事も忘れ、食べることと、オーナーさんの三線(サンシン)演奏、トークに聞きほれていました。
退院後ほとんど食欲が無かった私が、沖縄料理をパクパク食べていたのです。
そして笑うことが無かったのに、オーナーさんのトークで大笑い003.gif
精神的にも肉体的にもしんどかった私が、この料理とオーナーさんのお人柄で癒されていることに気づきました。
「命どぅ宝(ぬちどぅたから)」、この言葉が身に染みた沖縄料理「ぶーとんとん」でした。

もしお近くに行かれたら、ぜひお立ち寄りくださいね。
オーナーさんの三線演奏YouTubeより

場所はこちらをご参考に。
”食べログ{ぶーとんとん}”
by bahagia50 | 2011-10-24 07:56 | 食べ歩き

畑作業再開

稲刈りですっかり手抜きしていた、畑作業を土曜から再開。

まず、稲刈りが終わった一枚のたんぼのスクミリンゴガイ駆除。
この田は数年前から、スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)の被害が著しく、特に今年はその被害は想像以上に。
駆虫薬を散布したにもかかわらず、田植え後の稚苗が食害され、全面積の1/5が消滅007.gif
当然、米の収穫も減ってしまいました。

そこで今回は稲刈り後すぐに駆除をする事にしました。
方法は稲刈りが終わった田んぼに水を張り、漏水が無いようにします。
そして3,4日後そこに石灰窒素を散布。
そのまま、放置しておくだけ。
さてその効果は・・・・土曜に散布して今日(月曜)に見に行くと、ジャンボタニシの動きがかなり鈍っていました。
石灰窒素は藁の分解を早め、肥料効果もあり、さらにジャンボタニシの駆除効果も。
初めての挑戦ですが、効果期待してます。
             石灰窒素を散布後のたんぼ。
a0026567_1340950.jpg



日曜はお天気に恵まれ、朝から畑へ。
ここ2週間ほど、液肥を散布していなくて、葉物野菜は若干栄養不良008.gif
今回は先日作った「えひめAi」「万田酵素」「木酢液」を希釈して、畑へ動力噴霧機を使って全面散布。
a0026567_1316576.jpg

散布後
a0026567_13425837.jpg







成長中のおでん大根と赤大根
a0026567_13443878.jpg
a0026567_13451914.jpg



こちらはほうれん草
a0026567_13491271.jpg


他に小松菜、水菜、キャベツ、白菜、ブロッコリー2種、レタス、高菜、青梗菜が成長中です。
by bahagia50 | 2011-10-17 13:18 | 田んぼ便り
全工程すべてお天気に恵まれ、機械の調子も良く、頼もしい助っ人に助けられた今年の稲刈りとなりました。

ほとんどの稲は帰省した息子が刈り取り、義弟、息子の友人K君が籾の運搬を。
a0026567_104207.jpg




a0026567_10153455.jpg








連れ合いと私は乾燥が終わった籾を摺る作業。
そして玄米になった米を計量して袋詰め。
a0026567_1082870.jpg



最終日、すべてを刈り終え、K君とポーズを決めてます003.gif
a0026567_10461553.jpg



作業終了後、コンバインの清掃作業も息子がしてくれました。
a0026567_11334530.jpg



その日の夜、2回目の籾摺り作業が終わった深夜、刈った籾を乾燥機に入れる作業を息子&K君が手伝ってくれました。
a0026567_10511252.jpg

30キロを超える米を乾燥機に入れる作業は、大変な重労働008.gif
「お父さんとお母さんがこれをするのは大変だから」と。
本当にありがたかく、涙が出そうになりました007.gif
息子とK君に感謝の気持ちでいっぱいです053.gif

そして次の日の早朝、バスで大阪へ帰って行きました。
息子の背中がまた、たくましくなったように思いました。

今年、初挑戦した有機栽培の米、えひめAIを使っての土作り、まだまだ課題がいっぱいですが、自分なりに色々チャレンジして美味しい安全な米作りを来年も続けたいと思います。


昨日の夜、新米(有機栽培米)で栗ご飯を炊きました。
つやつや、ぴかぴかでとっても美味しかったです。
a0026567_10593190.jpg


a0026567_10591888.jpg
by bahagia50 | 2011-10-13 11:03 | 田んぼ便り

稲刈り進行中

8日より、稲刈りが始まりました。

今年は一枚の田んぼの稲を有機肥料(発酵完熟鶏糞&万田酵素)のみで栽培してみました。
最初は色々と心配ましたが、先日収穫した所、病害虫被害もほとんど無く、収穫量も昨年を若干上回っていました。
他の普通栽培米も今年は豊作のようです。

日曜から三男が大阪から帰省して、稲刈り参戦。
頼もしい助っ人で、本当に助かっています。
今日もこれから稲刈りに出動です。
まだまだ忙しい日々になりそうです。

コメントを頂いた皆様へ
お返事が遅くなってごめんなさい。
稲刈りが一段落したら、お返事差し上げますので、もう少しお待ちくださいませ。
by bahagia50 | 2011-10-11 08:49 | 田んぼ便り

えひめAI(あい)

<えひめAI>を作りました。
<えひめAI>とは

納豆、ヨーグルト、ドライイーストを使って作りました
参考文献(現代農業2010/10月号)(2011/6月号)
材料 納豆1パック、ヨーグルト500g、ドライイースト40g、砂糖500g お湯42度(10L)
農用目的なので、納豆はかなり多めです。
a0026567_13433399.jpg



すべてすぐに手に入るものばかり049.gif
ドライイーストとお湯以外をミキサーに入れて撹拌。
a0026567_13511512.jpg


納豆が砕けてどろどろになったら、クーラーボックスに入れ、お湯、ドライイーストを入れてよく撹拌して、プチプチシートで表面を覆い、蓋を閉めて培養します。
a0026567_1355245.jpg
a0026567_13553897.jpg










本当はヒーターを入れて保温するのだけれど、外温が高かったのでこのままの状態で。
2日で完成。
オリと「上澄みに分けてペットボトルに保存しました。
a0026567_1442516.jpg



早速500倍に薄めて、発芽した葉物野菜に掛けました。
成長促進効果期待大!

他には原液をトイレに流したり、風呂の残り湯に混ぜたり、キッチンの排水溝に流したり。
水質浄化に役立ってほしいです。

今週末から稲刈りが始まります。
頼もしい我が家の助っ人(三男)君も日曜から参戦066.gif
今日は雨、無事稲刈りが出来ますように。
by bahagia50 | 2011-10-02 06:14 | 田んぼ便り